ARK JOURNAL_VOLUME X AUTUMN/WINTER 2023

2019年4月に創刊した、インテリア、デザイン、建築をテーマにした雑誌「Ark Journal」。
デンマーク・コペンハーゲンを拠点に、北欧 スカンジナビアのライフスタイルを紹介しています。

※英語表記
※表紙デザイン3種類


ARK JOURNAL VOLUME 10 は、過去 5 年間にわたる私たちの旅を定義しインスパイアしてきた、過去・現在・未来の建築・デザインの世界への敬意を表したものです。
この号では、人間の生活と建築・デザインの接点をさらに掘り下げ、それらが家庭や公共の場で、私たちの生活に与える深い影響を明らかにします。

HOMES:
ニューヨークにあるギャラリストのペントハウス。
ロングアイランドにある、デザイナー、フィリップ・リムの海辺の家。
芸術家Su Xiaobaiのためにリフォームされたデュッセルドルフの歴史的な家。
マルク・ドゥソーヴァージュによるブルータリスト建築のブリュージュの家。
すべてのものに場所があり、実際の生活の仕方に合わせて組み立てられたコペンハーゲンのロフト。

INTERVIEW: FormaFantasma 
一部の人にとっては十分に過激ではなく、他の人にとっては十分に商業的ではない、デザインの規律を内部から再形成しようとしている活動家および実践者。

INTERVIEW : 安藤忠雄
家は人間の生活に最も近い場所にあるため最も矛盾した領域であると信じており、彼にとって家はまさに建築の基礎、原点。

INSERT OBJECTS:
著名・無名にかかわらず作品を収集したアメリカ人デザイナー、ジャック・レノア・ラーセンの、世界中の工芸文化への幅広い関心を物語るコレクションを紹介します。スタイリング及びキュレーションはコリン・キング、撮影はマーティン・モルダー。

LIVING ARCHITECTURE:
デザイナー、ブルーノ・マットソンの革新的で啓示的な私邸。

Pernille Vest によるCASE STUDY:
完全に不完全で、磨かれていないエッジと未加工の素材感が、シンプルな完璧さを明らかにします。

ARCHIVE:
イサム ノグチの幻想的な光の彫刻は、議論やカテゴリーを超えてインスピレーションと輝きを与えます。

STUDIO VISIT:
イタリアのマルケ州に建てられた、他に類を見ない、厳格でありながら感覚的なアンリ・ティミのワークショップ。

私たちの雑誌は単なる出版物ではないと考えています。 それは、スカンジナビアのデザインと建築を定義する美しさとシンプルさを祝うものです。
紙をアップグレードし、この第 10 号が真の芸術作品となり、コレクターにとって切望されるアイテムとなるよう全力を尽くしました。
販売価格 4,510円(税込)
購入数

表紙デザイン


おすすめ商品


せっ器 Plate M

6,270円(税込)


丸缶 (大/ブリキ)

1,980円(税込)


丸缶 (小/ブリキ)

1,650円(税込)


Top